公平な選挙制度を!


by sea_of_sound_2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:細川護熙 ( 1 ) タグの人気記事

 最近細川政権のことを考えることが多い。おそらく衆院総選挙後に出現するであろう民主党政権が、どういった性格のものになるかを考える上で、示唆するものを与えてくれそうだからだ。そう思っていたところ、今日8月9日付の朝日新聞朝刊に、細川護熙元首相とその参謀役だった田中秀征のインタビューが載っていた。

 細川政権は初めてが多い政権だった。初めての非自民政権。初めて首相としてアジア・太平洋戦争を「侵略戦争、間違った戦争」と明言。初めて小選挙区制を導入。清新なイメージがあり、「政治改革」を掲げて高支持率を得た。ここから現在まで続くポスト55年体制の政治劇が始まった。

 いろいろと考えさせられるところの多いインタビューだが、今と繋がるテーマとして私が特に注目したいのは、「侵略戦争」発言、小選挙区制と二大政党制、そして改憲のことだ。

 「侵略戦争」という発言は、就任後初の記者会見でなされたものだ。しかし、その後の所信表明演説では「侵略行為」という表現に後退した。当時はどういう経緯で「侵略戦争」発言がなされたのかと、舞台裏を探られた。このインタビューでは、「もう少し言葉を尽くして説明すればよかったと思わないでもなかったが、明快に言ってしまった」と答えており、細川個人の英断があったことを窺わせる。

 ――細川さんは政権発足直後の記者会見で、先の大戦について「侵略戦争だった」と答えられました。

 細川 もう少し言葉を尽くして説明すればよかったと思わないでもなかったが、明快に言ってしまった。

 ――発言への反発、脅しとかも。

 細川 それらしきことは随分ありましたね。

 田中 大量に来たよね。血で書いたような手紙もあった。

 細川 街宣車もたくさん来た。

 田中 細川発言の延長線上で、自社さの村山政権は「侵略」や「植民地支配」を謝罪する「村山談話」を95年に出す。05年、自民党の小泉政権がそれを踏襲する「小泉談話」を出した。小泉さんは、細川さんが「侵略戦争」発言をしたとき、私に「あれでいいんだ」と言ってきました。

 細川 そうなんですか。

 そしてこの二人は、小選挙区制導入のまさに当事者であった。統一会派を組んでいた日本新党と新党さきがけは、選挙制度改革を受け入れることを条件に、他の非自民勢力と結集し政権を誕生させた。そして政権発足の翌年1994年に政治改革法案が成立する。この問題の多い選挙制度に対して、社会党の一部が強硬に反対したが、結局細川首相と自民党総裁河野のトップ会談で、修正合意することで決着した。しかし意外なことに、細川は二大政党制を支持しないと言う。

 ――ただ、細川さんは単純な二大政党論者ではない。国会答弁で将来は「穏健な多党制」に向かうと発言された。

 細川 その時点とその後では事情が変わりました。選挙制度が変わった。最初の政府案は小選挙区250、全国区の比例代表250でしたが、法案成立時は小選挙区300、ブロック制の比例代表200。いまは300と180。だんだん二大政党制に有利な制度になっています。

 田中 政府案の「250・250」がそのまま成立していれば、穏健な多党制を担保できたのですが。少数政党は主張が明確です。大政党にあいまいさを許さない存在になるんですよ。今の流れだと、大政党がわけの分からない烏合(うごう)の衆になります。

 ――民主党はさらに比例区の定数を80、減らそうとしている。

 細川 それはよくない。しかし民主党が今度の選挙で勝利すれば、その先は二大政党制ではなく、「穏健な多党制」に移行するのではないかという予感もある。単純小選挙区制で二大政党制のイギリスでさえ、第三党の自由民主党が力をつけ、「穏健な多党制」にシフトしつつあるのですから。

 インタビューイが語った内容とはいえ、二大政党制批判や民主党の比例定数80議席削減に反対する意見を、朝日が採り上げるのは初めてのはずだ。朝日は自らが音頭をとって論点を提出しない傾向があるので、あまり高望みは出来ないが、今後二大政党制・議員定数削減の問題について、追随するメディアが現れることを期待したい。

 また改憲については、きっぱりとこう語る。

 ――小泉さんの後の安倍政権は、「憲法改正」「占領政策からの脱却」を主張した。どう思われますか。

 細川 「ノーサンキュー」です。それだけです。

 ――宮沢さんは首相をやめる直前に番記者に語っているんです。「憲法は変えないほうがいい。二度と戦争はしちゃいけないんです」と。政権交代は構わない。自分の原点である平和、憲法は守ってほしいと。

 田中 宮沢さんは細川さんがそれを引き継いでくれると期待したんです。

 細川 宮沢さんや後藤田正晴さんなんかと一緒にやれたらおもしろかったでしょうね。

 細川としてはそうなのかもしれない。しかしこの政権の裏方だった小沢一郎は、小選挙区制と改憲をセットで考えていたのではないか。この二つは話題となった小沢の著書『日本改造計画』にはっきりと書かれている。そして、それこそが私が来るべき民主党政権に対して最も不安を覚える点なのである。



[PR]
by sea_of_sound_2008 | 2009-08-09 10:07 | 政治