公平な選挙制度を!


by sea_of_sound_2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 以前から不思議に思っていたのは、なぜネット右翼がああも簡単に自分の意見への反対者を「在日」とみなすのかということだ。私より洞察の深い人にとっては自明のこともしれないが、ごく最近になってその理由が一部分ながら理解できた気がする。

 この傾向は以前からあったが、民主党、社民党、国民新党が連立して政権に就いてから、それが更にひどくなった。小沢一郎がコリアンであるというデマがインターネットを飛び交っているし、つい最近も東京都のレイシスト知事石原慎太郎がインターネットを引き合いにして(いつものごとく卑怯にも)、差別発言した事実があった。


 これは集合論のようなものだ。ネット右翼はおそらく、「全ての人間はその存在のまるごとが国家に従属している」と考えている。国家という円の中に、それぞれの個人が点として含まれている図を想像してもらいたい。これは間違った国家像だ。なぜなら、あくまでも国家は諸個人が契約する限りにおいて立ち現れる概念だからである。
c0187090_025426.jpg

 個人はその存在のまるごとが国家に従属しているのではなくして、必要な限りにおいて国家に関わる。社会的な生活を営むに必要な限りにおいて、国家というものが存在する。それが国家に対する正しい認識だ。今度は一部が重なる二つの円を想像しよう。片方が国家で、もう一方が個人だ。注目すべきは個人には当然ながら国家に重ならない部分が存在するということだ。
c0187090_0265877.jpg

 重なる部分のみにおいて個人は国家に関わり、重ならない部分においては個人は国家に干渉されることはなく、国家から自由である。法的には自由権の存在がそれを保証している。

 だから、ネット右翼の歪んだ国家観と異なり、「全ての人間はその存在のまるごとが国家に従属するのではなく、必要な限りにおいて国家に関わる」とか「個人が社会的な生活を営む必要において国家というものが存在する」いうのが正しい認識だ。これはアナーキスト以外には受け入れられる国家観だろう(ひょっとして彼らの方が正しいのかもしれないが)。この二つの国家観の違いを検討することで、なぜネット右翼が反対者を「在日」と考えるのかその「論理」が明らかになる。


 「全ての人間はその存在のまるごとが国家に従属している」と考えるネット右翼は、自分の意見に反対する者、自分の卑小な考えでは理解できない発想を持つ者に出会った時、「人には国家から自由であるのだからそういう考えもあるだろう」と考えるのではなくして、「この人物は日本に反対している。ということは他の国家に属しているのだ」と誤った推論をする。

 自分たちの愛国に反対する者に出会った時に、「それは主権者として国家から個人の自由を守る正当な活動だ」と考えずに、外国人であるとか売国であるとか考える。「全ての人間はその存在のまるごとが国家に従属している」という命題が彼らのドグマであるから、他人もまたそうであろうと考える。彼らなりに「論理的に」考えた結果としてそうなるのだ。自分がそういう存在であるから、他人もまたそういう存在であると推察する、これが彼らの思考の筋道だろう。


 愚か者は無知だから愚かなのではなく、自らの愚考に頼って考えるから愚か者なのだ。彼らは近代人ではない。啓蒙思想以前の存在だ。日本は経済的には成功したが、思想の面では近代化していない。そのくせ人々は、それが啓蒙思想が輸入された時代であることなどは忘れて、司馬遼太郎に倣いつつ、明治時代は素晴らしかったなどと言い、「前近代的な」中国を指弾する。


[PR]
by sea_of_sound_2008 | 2010-06-02 01:17 | インターネット
 「市民社会フォーラム」のブログより以下を転載するとともに賛同を表明する。
「高校無償化」制度の朝鮮学校への適用を求める要請書に賛同を

みなさまへ
以下の要請書を政府に提出します。ぜひ賛同してください。
賛同は、個人でも団体でもかまいません。賛同の方は、3月3日午前7時までに、
koshida@jca.apc.org
あるいは、FAX: 011-596-3683
まで返信ください。
また、お知り合いの方にもお知らせください。
こんな理不尽なことを見過ごすわけにはいきません。



「高校無償化」制度の朝鮮学校( 高級部)への適用を求める要請書
                        2010年3月3日

内閣総理大臣 鳩山由紀夫様
文部科学大臣 川端達夫様

 鳩山首相が、衆議院で審議されている高校無償化法案に関連して、在日朝鮮人
の通う朝鮮学校を無償化の対象から外す方向で調整していることを明らかにし、
その理由を「朝鮮学校がどういうことを教えているのか指導内容が必ずしも見え
ない」と述べたという記事(北海道新聞、2010年2月26日)を、私たちは読みま
した。
 私たち、教育問題や国際協力、差別問題などに関心をもつ市民は、この発言に
驚いています。私たちは鳩山首相に対して。朝鮮学校も高校無償化の対象に含め
るよう再考することを強く求めます。また川端文科相に対して、朝鮮学校を対象
にしていた方針を変更することなく進めることを要請します。
 朝鮮学校だけを、無償化の対象から外すことに合理的な根拠はありません。朝
鮮学校は、各都道府県が各種学校として認定し、公立・私立大学の半数以上が独
自の判断で受験資格を認めてきた学校です。国立大学で初めて受験資格を認めた
京都大学は、朝鮮学校の授業や教科書を検討し「高校」と差がないことを確認し
ています(朝日新聞、2002年9月13日)。
 この事実をみれば、朝鮮学校が「日本の高校に類する教育課程」をもつ学校を
対象とするという文部省の方針に合致していることは明らかです。また「教育の
機会均等」や「教育の国際化」という文部科学省の方針からしても、朝鮮学校だ
けを排除することはできないはずです。
 朝鮮学校を学校教育基本法第1条の学校として認可しないというこれまでの文
部科学省の方針に対しては、日本政府が批准(または加入)している国際人権諸
条約の委員会から、これを民族差別とする「懸念と勧告」が何度も出されていま
す。とくに社会権規約委員会は「朝鮮学校のようなマイノリティの学校がたとえ
国の教育カリキュラムを遵守している場合でも正式に認可されておらず、したが

て中央政府の補助金を受け取ることも、大学入学試験の受験資格を与えることも
できない事について、懸念する」(2001年8月31日)と強い勧告を出しています。
 もし、高校無償化から朝鮮学校をはずすことになれば、これまでの差別をさら
に広げることにつながります。それは「友愛」を掲げる鳩山政権の本意に反する
ことではないでしょうか。
 私たちは、朝鮮学校を高校無償化から除外しないことを求めます。

 呼びかけ人 林 炳澤、黒田秀之、越田清和、小林久公、高橋 一、高橋芳恵、
七尾寿子、花崎皋平、秀嶋ゆかり、細谷洋子、堀口 晃、三澤恵子、宮内泰介、
山口たか

引用元:http://civilesocietyforum.com/?eid=3584

 中井洽拉致問題担当相の強い意向で、政府が高校無償化法案の対象から朝鮮学校の排除を検討し始めたのは周知の通り。国連人権委でも採り上げられたこの問題に関して、鳩山首相は先月26日には「結論は出ていない」としてそれまでの姿勢を修正しており、未だ態度を決めかねているようだ。

 1月の施政方針演説において首相は何と言っていただろうか。「世界のいのちを守りたい。……世界中の子どもたちが、飢餓や感染症、紛争や地雷によっていのちを奪われることのない社会をつくっていこうではありませんか。誰もが衛生的な水を飲むことができ、差別や偏見とは無縁に、人権が守られ基礎的な教育が受けられる、そんな暮らしを、国際社会の責任として、すべての子どもたちに保障していかなければなりません」。

 もし朝鮮学校が朝鮮学校であるという理由で、高校無償化の対象から外されるというのならば、それは日本における恥ずべき差別の一つとしてだけでなく、鳩山首相が自らの理念と言葉とを裏切った瞬間としても記憶されるべきだろう。つまり政治家として失格ということである。
[PR]
by sea_of_sound_2008 | 2010-03-02 17:25 | 政治