公平な選挙制度を!


by sea_of_sound_2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:ネット右翼 ( 2 ) タグの人気記事

 以前から不思議に思っていたのは、なぜネット右翼がああも簡単に自分の意見への反対者を「在日」とみなすのかということだ。私より洞察の深い人にとっては自明のこともしれないが、ごく最近になってその理由が一部分ながら理解できた気がする。

 この傾向は以前からあったが、民主党、社民党、国民新党が連立して政権に就いてから、それが更にひどくなった。小沢一郎がコリアンであるというデマがインターネットを飛び交っているし、つい最近も東京都のレイシスト知事石原慎太郎がインターネットを引き合いにして(いつものごとく卑怯にも)、差別発言した事実があった。


 これは集合論のようなものだ。ネット右翼はおそらく、「全ての人間はその存在のまるごとが国家に従属している」と考えている。国家という円の中に、それぞれの個人が点として含まれている図を想像してもらいたい。これは間違った国家像だ。なぜなら、あくまでも国家は諸個人が契約する限りにおいて立ち現れる概念だからである。
c0187090_025426.jpg

 個人はその存在のまるごとが国家に従属しているのではなくして、必要な限りにおいて国家に関わる。社会的な生活を営むに必要な限りにおいて、国家というものが存在する。それが国家に対する正しい認識だ。今度は一部が重なる二つの円を想像しよう。片方が国家で、もう一方が個人だ。注目すべきは個人には当然ながら国家に重ならない部分が存在するということだ。
c0187090_0265877.jpg

 重なる部分のみにおいて個人は国家に関わり、重ならない部分においては個人は国家に干渉されることはなく、国家から自由である。法的には自由権の存在がそれを保証している。

 だから、ネット右翼の歪んだ国家観と異なり、「全ての人間はその存在のまるごとが国家に従属するのではなく、必要な限りにおいて国家に関わる」とか「個人が社会的な生活を営む必要において国家というものが存在する」いうのが正しい認識だ。これはアナーキスト以外には受け入れられる国家観だろう(ひょっとして彼らの方が正しいのかもしれないが)。この二つの国家観の違いを検討することで、なぜネット右翼が反対者を「在日」と考えるのかその「論理」が明らかになる。


 「全ての人間はその存在のまるごとが国家に従属している」と考えるネット右翼は、自分の意見に反対する者、自分の卑小な考えでは理解できない発想を持つ者に出会った時、「人には国家から自由であるのだからそういう考えもあるだろう」と考えるのではなくして、「この人物は日本に反対している。ということは他の国家に属しているのだ」と誤った推論をする。

 自分たちの愛国に反対する者に出会った時に、「それは主権者として国家から個人の自由を守る正当な活動だ」と考えずに、外国人であるとか売国であるとか考える。「全ての人間はその存在のまるごとが国家に従属している」という命題が彼らのドグマであるから、他人もまたそうであろうと考える。彼らなりに「論理的に」考えた結果としてそうなるのだ。自分がそういう存在であるから、他人もまたそういう存在であると推察する、これが彼らの思考の筋道だろう。


 愚か者は無知だから愚かなのではなく、自らの愚考に頼って考えるから愚か者なのだ。彼らは近代人ではない。啓蒙思想以前の存在だ。日本は経済的には成功したが、思想の面では近代化していない。そのくせ人々は、それが啓蒙思想が輸入された時代であることなどは忘れて、司馬遼太郎に倣いつつ、明治時代は素晴らしかったなどと言い、「前近代的な」中国を指弾する。


[PR]
by sea_of_sound_2008 | 2010-06-02 01:17 | インターネット
 一月ばかり古い話でご存じの方も多いと思うが、重要な問題を含んでいると思うので書かせてもらう。

 11月11日、の参議院外交防衛委員会の参考人招致において、田母神元空幕長は、「今朝九時の時点で私は、ヤフーの、私を支持をするか、問題があると考えるか、問題がないと考えるかといったら、五八%が私を支持しております」と決然として答えた。

 だが、この数字の裏には組織的な投票操作があったことが、11月27日付けの『週刊文春』で暴露されている。
多母神支持「ヤフー・アンケート」はヤラセだった

 ……しかし、この数字に“ヤラセ”があったことが、小誌の取材で明らかになった。ここに一通の“指示メール”がある。多母神氏の親友は、ある人物と、次のようなやりとりをしていたのだ。

<田母神幕僚長は国を思う『平成の西郷隆盛』である。この国を救うため心ある国民は多母神幕僚長を断固支持し、その輪を全国に広げて行かねばならない>

 さらにはこんな一文も。

<PS:田母神幕僚長の論文についてアンケートを下記でやっています。朝日新聞の影響でしょうか「非難派」が若干リードしているようです。どんどん投票しましょう>

 そして、文末には投票先のURLを指定。これは幕僚長の論文発表に関する、ヤフーの意識調査のものだった。呼びかけたのは「調布史の会」世話人・松木國俊氏である。同氏は、

「メールで呼びかけたのは、多母神さんの件を知り、いてもたってもいられなくなったからです。多母神さんの参考人招致の場が戦後歴史認識の転換点にできると期待した。なんとかせなあかんと、二十人ぐらい転送歓迎でメールを送りました。ただ反対勢力も絶対やっているから結果は変わらない」と譲らない。

 松木氏から『投票を』とメールを受けた女性は、あるブログの主宰者にメールを送った。メールを受け取った主宰者はブログに『多母神幕僚長支持アンケートにご協力を』『●●さんから転送されてきました。皆様もぜひご協力ください。クリックお願いします♪』と書き込み、さらに転送している「数で負けてます。ご協力をお願いします」と必死のアピールをしているブログも見つかった。

 そしていつしかヤフー・アンケートは多母神支持で逆転したのである。


 引用記事中にある史の会とは、新しい歴史教科書をつくる会と関係の深かった草の根保守のグループである。こうしたイナゴ的なネット右翼活動(蝗軍?)に、史の会が関わっているのは興味深い。

 「反対勢力も絶対やっている」というのは良く言えば主観的な憶測、悪く言えば妄想に過ぎない。件の田母神論文の「コミンテルン謀略史観」と云い、支持する者とされる者、両者の思考は同一性を有している。

 尚、同時期に行われた NHK のアンケートでは、「大いに問題がある」と「ある程度問題がある」を合わせて65%とヤフーとは逆の結果だったことを指摘しておきたい。
[PR]
by sea_of_sound_2008 | 2008-12-18 20:39 | 歴史修正主義