公平な選挙制度を!


by sea_of_sound_2008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


大島敦 / 内閣府 / http://www.sakitama.or.jp/oshima/
・憲法調査推進議員連盟

渡辺周 / 総務 / http://www.watanabeshu.org/
・「南京の真実」賛同者
・憲法調査推進議員連盟
・教育基本法改正促進委員会
・日本の領土を守るため行動する議員連盟
・慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会(会長)

武正公一 / 外務 / http://www.takemasa.org/top.html
・憲法調査推進議員連盟

野田佳彦 / 財務 / http://www.nodayoshi.gr.jp/
・憲法調査推進議員連盟

中川正春 / 文部科学 / http://www.masaharu.gr.jp/
・憲法調査推進議員連盟

鈴木寛 / 文部科学 / http://suzukan.net/
・憲法調査推進議員連盟

松下忠洋 / 経済産業 / http://www.matsushita-tadahiro.net/
・憲法調査推進議員連盟
・日本会議国会議員懇談会

田島一成 / 環境 / http://www.tajimaissei.com/
・憲法調査推進議員連盟


[PR]
by sea_of_sound_2008 | 2009-09-18 18:07 | 政治

鳩山由紀夫 / 首相 / http://www.hatoyama.gr.jp/
・新憲法制定議員同盟(顧問)
・憲法調査推進議員連盟(顧問)
・教育基本法改正促進委員会(顧問)

原口一博 / 総務相 / http://haraguti.com/
・日本の領土を守るため行動する議員連盟
・憲法調査推進議員連盟
・みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会

岡田克也 / 外相 / http://www.katsuya.net/
・憲法調査推進議員連盟

藤井裕久 / 財務相 / http://www.fujii-hirohisa.jp/
・憲法調査推進議員連盟(副会長)
・日本会議国会議員懇談会

川端達夫 / 文部科学相 / http://www.kawa-bata.net/
・憲法調査推進議員連盟

長妻昭 / 厚生労働相 / http://naga.tv/
・憲法調査推進議員連盟

直嶋正行 / 経済産業相 / http://www.naoshima.com/
・憲法調査推進議員連盟

前原誠司 / 国土交通相、沖縄北方・防災担当相 / http://www.maehara21.com/index.php
・新憲法制定議員同盟(副会長)
・憲法調査推進議員連盟
・日本会議国会議員懇談会

北沢俊美 / 防衛相 / http://www13.ocn.ne.jp/~kitazawa/
・憲法調査推進議員連盟(事務総長)

平野博文 / 官房長官 / http://www.hhirano.jp/
・憲法調査推進議員連盟

中井洽 / 国家公安委員長、拉致問題担当相 / http://www.nakai-hiroshi.net/
・教育基本法改正促進委員会(顧問)
・日本会議国会議員懇談会

亀井静香 / 金融・郵政改革担当相 / http://www.kamei-shizuka.net/
・新憲法制定議員同盟(顧問)
・憲法調査推進議員連盟
・日本会議国会議員懇談会
・神道政治連盟国会議員懇談会

松野頼久 / 官房副長官 / http://www.matsuno-yorihisa.com/
・日本会議国会議員懇談会


[PR]
by sea_of_sound_2008 | 2009-09-16 23:48 | 政治
鳩山・民主代表:分権目指す改憲に意欲

 民主党の鳩山由紀夫代表は12日放送のラジオ番組で、憲法改正に関し「憲法の平和主義、人権は当たり前だが、だからといって後生大事に憲法を一言一句変えてはいけないという発想はおかしい」と述べ、地方分権の観点から改正は必要との認識を示した。改正時期には言及しなかった。

 鳩山氏は地方分権について「国が地域をコントロールして補助金漬けにする世の中では自立できない」と指摘。05年に発表した改憲試案に触れ「こういうものの道筋をつけることが大事だ」と強調した。鳩山氏の試案は、国と地方の役割分担を明確にするため、基礎自治体として「市」、広域自治体に「圏」を設置する改正などを提言している。【佐藤丈一】

引用元:http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090913ddm002010110000c.html (魚拓)

 その「こういうもの」である鳩山試案には天皇の元首化や九条二項の削除が含まれているのは、ご存じの通り。鳩山代表の言う「平和主義」は、国連の集団安全保障に参加するような「平和主義」である。集団安全保障に参加するとは、世界で戦争をすることである。安倍内閣の改憲路線が頓挫したことから、明文改憲路線は引っ込めるのではないかという観測もあったが、明文改憲路線も捨ててないことがこれでわかった。要注意である。

 民主党は改憲を党是とする党である。一時的に下火になるにしろ、必ず改憲問題は再燃するだろう。それにしても、毎日が報じただけで後追い報道がないのは情けないことである。憲法尊重擁護義務があるのだから、当然真意を質されてしかるべきである。マスメディアは改憲隠しに協力していると言われても仕方がない。



[PR]
by sea_of_sound_2008 | 2009-09-15 08:23 | 政治
シバレイのblog」より。以下転載。

高田健@許すな!憲法改悪・市民連絡会です。

鳩山代表に以下の要請を共同で行いたいと思います。皆さんの賛同をお願いします。ぜひ転送・転載、コピーなどで、一人でも多くの皆さんにご協力をお願いしてくださいませんか。賛同は「団体」でも、「個人」でも結構ですが、個人の場合は名前の後に「所属団体」名か、居住「都道府県」名を書いてください。16日が首相就任予定なので、15日を締め切りとしたいと思います。メール( kenpou●annie.ne.jp )か、FAX(03-3221-2558)でご連絡をお願い致します。
*●は@ です。迷惑メール防止のため。 
--------------------------------------------------
鳩山由紀夫民主党代表に新憲法制定議員同盟「顧問」の辞職を要請します。

 第45回総選挙は有権者の自公連立政権への厳しい批判のなかで、民主党の大勝となりました。いま、多くの人びとは鳩山由起夫代表が首相になると言われている新しい連立政権が、民衆の切実な要求と期待に応える政治をすすめていくかどうか、息を呑んで注目しております。

 ところで、鳩山氏はさる2008年3月4日、特異な改憲論を基盤として改憲をめざす「新憲法制定議員同盟」(中曽根康弘会長)の顧問に就任されました。そして今日、なおこの職にあると聞きます。しかし、新しい政権の首相となる鳩山氏が、こうした政治的立場にとどまることは、多くの国民の願いに合致するものとは思われません。首相には憲法第99条の「憲法尊重擁護義務」がよりいっそう厳しく問われるのであり、特定の憲法観をもった改憲団体の役職にあることは極めて不適切なものと言わなければなりません。

 私たちは鳩山氏が英断をもって直ちに同職を辞任することを公式に表明されることを要請致します。

2009年9月

呼びかけ団体
憲法を生かす会/第九条の会ヒロシマ/日本山妙法寺/
日本消費者連盟/VAWW-NETジャパン/平和を実現する
キリスト者ネット/平和をつくり出す宗教者ネット/
許すな!憲法改悪・市民連絡会

[PR]
by sea_of_sound_2008 | 2009-09-04 11:20 | 政治
選挙制度 多様な意見の受け皿も必要
2009年9月1日

 8月30日に投開票された衆議院議員選挙は、民主党が308議席を獲得し圧勝した。自民党を軸に動いてきた日本の政治が大転換を迎える。

 「政権選択選挙」と位置付けられた今回の総選挙は有権者の関心を集めた。「歴史的転換期」を前に投票率も上がるであろうと思われたが、期待された割には意外に伸びなかった。県内の投票率は64・95%、全国は69・28%だった。

 「選挙に金が掛かり過ぎる」と中選挙区制から小選挙区制に移行した1996年以降では過去最高の投票率となったが、前回選挙に比して県内では2・6ポイント、全国では1・8ポイント上がったにすぎない。

 投票率が上がらなかった要因の一つとして現行の小選挙区制が挙げられる。各党とも候補者の擁立に苦慮している。大政党以外、多数の選挙区に候補者を立てにくい事情がある。

 それだけ、有権者の「選択肢」が奪われる結果になっている。

 選挙後、比較的若い世代の会員が多いインターネットのサイトで、会員を対象にしたアンケート調査が行われた。

 約24万人が回答し、「投票しなかった」有権者は25・3%を占めた。そのうち24・8%が「投票したい候補者・政党がない」と答えている。

 今回の選挙は「政権交代」を旗印にした民主と自民・公明両党との対決を中心に進められてきた。

 従来の自・公の政権運営に「ノー」を突き付けたい有権者は民主に投じるしかなく、各種世論調査で民主有利が示される中で、「勝敗は既についている」「投票しないのは精いっぱいの判断」とする無力感派や苦渋の判断をした有権者もいる。

 大政党間で争われる小選挙区制の選挙は「風」に左右される要素が少なくない。4年前の「郵政選挙」や今選挙が如実に物語っている。けれども「風」に押し流される選挙であってはならない。

 国民の価値観が多様化する中で小政党が担ってきた「少数意見」を、どう国政に届けるか。二大政党制の流れの中で、さまざまな意見の受け皿をどうするのか。

 例えば、現行制度でも選挙区と比例区の定数配分を比例区に厚くするだけで選択肢はより広がる。国民の声を吸い上げる多様な方策についても論議を重ねたい。

引用元:http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-149267-storytopic-11.html

 比例区の定数を増やすという案に賛成。大政党に有利、少数政党に不利、という小選挙区制の弊害は今回の選挙でも証明された。民主党が提案している比例区の削減の先に待っているのは、改憲である。自民と民主しか選択肢がないなんて冗談じゃない。
[PR]
by sea_of_sound_2008 | 2009-09-04 08:06 | 政治